草刈をする男性

スローフードの原点

大きな池

最近では、テレビタレントが市民農園を利用していることを耳にします。農業を楽しむのは、一般の人だけでなく芸能界へも浸透していっているのです。市民農園なら一般の人から、芸能人までと幅広い範囲で利用できます。

草刈機の購入方法

色々な緑

現在の日本ではガーデニングは安定した人気があり、その際に草刈機を使用する人が増えています。 草刈機を購入する方法は主に2通りあり、昔から利用されている購入方法がホームセンターなどの店頭で購入する方法です。

快適に利用する方法

綺麗な景色

草刈機は使用していくうえで注意するべき点があり、それを守ることで快適に利用することができます。 1つ目の注意点としては使用時の際に保護メガネを着用することです。

これまでの方法

盆栽

草むしりや草刈りの施工費用が気になる人も、こちらでは500円から出来るので財布にも非常に優しくなっています。

庭や敷地が広い方なら一度は行った事があるであろう草刈りですが、ひと昔前に比べるとかなり楽に、時間も短時間でできるようになりました。以前は鎌や、鎌に長い柄のついた薙ぎ鎌と呼ばれる道具を使って行っていました。昭和30年代に今でもホームセンターなどで見かける肩掛けタイプの草刈機を使って行われるようになりました。現在でも肩掛けタイプの草刈機が比較的安価なこと、個人でも扱いやすいことなどから草刈りの主流となっています。もっと広範囲の草を刈りたい場合に使うのが動力のついた草刈機です。こちらは大きく分けて2タイプあり、人が乗って操縦するタイプと、手押し式のものがあります。また草刈りとは少し違いますが、除草剤を使って草を除去する方法もあります。

先述したように草刈りも機械化によって、ずいぶん楽にできるようになりました。今後はさらに便利になると思います。医療や福祉の現場でロボットが導入されているように、草刈りもロボットで行われるようになるのはそう遠くないでしょう。芝刈り機のような小型のものはロボットとして実用化されていますが、今後はもっと大型の自走式草刈機が実用化されるでしょう。さらに時代が進むと、草刈りという行為自体が無くなるかもしれません。遺伝子工学の発展から、作物や人には害のなく雑草ののみに効く除草剤が開発されるのも遠くない未来だと思います。技術の発達によって、より便利でより簡単になるのはありがたいですが、庭いじりが好きな人にとっては少し寂しい感じもしますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加